製品情報Products

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせ

製品・テストに関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ、カタログ・テストをご希望の方は、お手数ですがEメール(sales@kajiwara.co.jp)でご用件をご送信ください。なお、お急ぎの方はお電話にてお問い合わせくださいます様、お願いいたします。

お問い合わせはこちら

調理用加熱撹拌機

製あん製菓機械

エンジニアリング

電磁スチーム300焼き込み炒め(IH + 蒸気加熱)

より高温に、より美味しく!炒飯・炒め物・焼きそばは、”焼き込み炒め”がポイント!

電磁スチームKRS+M
KRS+M-3269SL

特 長

1.今までにない大火力と鍋温の立ち上がり、
だからおいしくシャキシャキ、ジューシー

●IH(電磁誘導加熱)の高温と蒸気加熱の高カロリー供給で、従来のガス釜の約4倍の火力を実現。生産量が増えても短時間調理が可能です。

昇温時間比較

●炒飯は、混合性抜群の新型撹拌子で効率良く撹拌し、焼き込み炒めるため、十分に火が入ったパラパラの炒飯に仕上がります。

●炒め物は、野菜や肉もジューシーさはしっかり保持、大量調理でも本格的な味づくりが可能です。

2.電磁スチームだからトロ火も楽々、
調理に最適な火加減ができます

●IHは、加熱温度をボリュームでコントロール、経験と勘の火加減を数値で把握できます。蒸気加熱は加熱時間の大幅な短縮をもたらし、ランニングコストを引き下げます。

●ハイブリッド加熱だから、温度と熱量を別々に調節し供給することが可能です。調理プロセスに最適な条件を作り出すことができます。

電磁スチームの釜構造

●無人で全自動運転が安全に行なえます。

3.工場内を快適な作業環境にします

●電磁スチームは火を使わず排気が出ないから安全・安心、釜周りが暑くならず、夏期には冷房が効く作業環境を実現します。

4.安価なランニングコスト

●ガス釜の熱効率は25~30%に対し、電磁スチームの熱効率は90%以上です。熱が鍋に無駄なく伝わるのでランニングコストはガス釜の半分以下になります。

電磁スチームとガス釜との比較

5.計測機器

●壁面温度センサーにより鍋表面温度を計測し、焦がすことなく数値で火加減を管理できます。
●SWS自動計重システム(オプション)は、工程を重量で制御するデバイス。バッチ毎のバラツキを無くし、安定した生産品を得ることができます。

用 途

ルー、ソース、オニオンソテー、香味油、フラワーペースト、野菜・肉炒め、佃煮、でんぶ、きんぴら、あんなど

仕 様

上記缶体容積は、撹拌子の体積を含みます。また、上記外形寸法は、設置・メンテナンス時の寸法です。詳細寸法につきましては別途お問い合わせ下さい。
上記以外の特殊仕様も製作いたします。
本製品は高周波利用設備に該当します。
品質向上のため予告なく仕様を変更する場合がございます。
チャーハン用電磁スチームKRS+MX(IH+蒸気加熱)そぼろ用電磁スチームKRS+HF(IH+蒸気加熱)カスタードクリーム用電磁スチームKRS+HW(IH+蒸気加熱)クッキングミキサーOAMD(IH+蒸気加熱)もございます。
お問い合わせ