PROFESSIONALS / 想いを繋ぐプロフェッショナルたち

カジワラが手がけるのは、オーダーメイドの食品加工機械。各分野のプロフェッショナルたちが力を合わせ、クライアントが求める製品を一つひとつ生み出していきます。

提案から製造、納品、そしてその後のメンテナンスまで、
一連の工程における、若きプロフェッショナルたちの
活躍を徹底解剖します。

提案

営業

食品機械のエキスパートであるカジワラには、「こだわりの味や食感を機械によって再現できないか」「機械を導入することで生産の効率化を図りたい」「異物混入などがおきないよう機械の導入を考えている」といったご相談が寄せられます。お客様のニーズや課題をしっかりお聞きし、課題解決のための提案を仕様にまとめるのが営業です。

PROFESSIONAL/営業 INTERVIEW

テスト

FEラボ

お客様のニーズや課題を把握した営業にとって、頼りになるのがFE(フードエンジニアリング)ラボ。お客様の立ち会いテストの際は、「求めているものが作れるか」「量産化は可能か」といったご要望に対し、機械を操作し、食品を製造しつつ、データを収集。解析した結果をレポートにまとめていきます。テストの準備やテスト当日のお客様の対応も大切な仕事です。

PROFESSIONAL/FEラボ INTERVIEW

契約

製造指示

ご注文頂いた仕様書の内容を確認し、
営業から工場へ製造指示します。

設計

機械設計

FEラボなどでのテストをクリアした後は、設計に入ります。機械設計は、CADを操作しながら、お客様の求める加熱方法や排出方法などができるように、機械の強度計算をして全体の構造を設計していきます。

PROFESSIONAL/機械設計 INTERVIEW

電気設計

機械設計と同時に、電気設計も並行してスタート。機械をどのように動作させれば良いかをプログラミングし、攪拌の向きや熱量の調整を可能にするなど、機械を制御する役割を果たします。機械設計と電気設計はとても関連性が強いので、密にコミュニケーションを取りながら、設計を進めていきます。

PROFESSIONAL/電気設計 INTERVIEW

部材調達

資材調達

設計が固まれば、製造に必要な部品の調達に入ります。資材調達の担当者は、設計者の作成した図面と部品表から必要な部品を割り出して、協力会社や社内の担当部署に発注します。

PROFESSIONAL/資材調達 INTERVIEW

機械加工

マシニング・旋盤・中ぐり盤等を使用して鋼材を
切削加工して部品を製作します。

製缶

マシニング・旋盤・中ぐり盤等を使用して鋼材を
切削加工して部品を製作します。

溶接

溶接とは金属と金属を繋げることです。機械の缶体や羽根を造るために、必要な部品同士を溶接していきます。溶接の出来によって、品質や耐久性も大きく変わってくるので、熟練の技が求められます。

PROFESSIONAL/溶接 INTERVIEW

研磨

出来上がってきた部品を食品機械の特徴である
研磨加工で表面処理します。

組立

出来上がってきた部品を食品機械の特徴である
研磨加工で表面処理します。

組立

調達されたパーツや溶接された部品などを集め、専門工具や治具を使って実際に組み立てていくのが、その名の通り組立です。いよいよ食品機械全体のカタチが見えてきます。

PROFESSIONAL/組立 INTERVIEW

電装

機械の制御装置を組み付け、配線します。

出荷前検査

完成した機械を動作チェックし、社内検査項目に
沿って最終確認します。

出荷・納品

お客様ご指定の場所に納品し、
試運転・取扱説明などを行います。

メンテナンス

機械の制御装置を組み付け、配線します。

完成した機械を動作チェックし、社内検査項目に
沿って最終確認します。

お客様ご指定の場所に納品し、
試運転・取扱説明などを行います。

メンテナンス

完成した食品機械は、お客様の工場に設置されます。設置後もサービス課の担当者が各工場を回り、しっかりとメンテナンスを実施。これによりカジワラの食品機械は、20年、30年と大切に使用され、大勢の人々の元へおいしい食品が届けられ続けるのです。

MESSAGE

未来のプロフェッショナルへ

PAGE TOP